<< Disposal | main | Commander >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


題名めんどい

もう既に最後の更新は遠い過去、存在すら忘れ去られている可能性も高そうなこのブログですが、せっかくプレリというイベントもあったことだしたまには更新してみようかと思います。
 
というわけで更新の内容ですが、レポするほど記憶が残ってないので、プレリで思ったより強かったカードや印象に残ったカードについて適当に感想でも述べていこうかと思います。

ちなみに選択した箱は白、引いたレアは
《守護天使アヴァシン》
《寛大な拷問者》
《ガラクの目覚め》
《シャンダラーの魂》
《紅蓮の達人チャンドラ》

《ヤヴィマヤの沿岸》
デッキカラーは白赤、成績は2-1-1でした

では、こっから本編になります


まさかの2号機にして、セラの天使死体蹴り勢のニューホープ。

自身を守る能力がないのは欠点と言えば欠点ですが、プレイヤーを防御円のごとく直接守れるので割と頭悪い系統の爆弾レアといえるでしょう。

最終戦ではお互いのこいつに《抑圧的な光線》を貼り付け合うという熱いんだか何だかよく分からない死闘の末に引き分けとなりました。起動型能力だけじゃなく警戒まで実質無力化されるのでかなり残念な状態になります。




出遅れ感あるオーラサーチ。

アドバンテージが取れるタイプのサーチカードがコモンというのは割と珍しいのではないでしょうか。展開した後の押し込みに使うカードが手に入るので、初手にあるとかなりゲームプランが立てやすくなる1枚。

サーチ対象がオーラな都合上、得たアドバンテージを取り返されやすくはありますが、ポテンシャルはわりとコモン離れしていると思います。ドラフトで戦術の核になれるんじゃないでしょうか。



今回の平和なべ枠。

限定的な効果ではありますが、展開との両立が不可能になる程度には大きい負担なので、相手の出足を遅らせるには役立つでしょう。

肝心なところで頼りにならないかもしれませんが、ヘリオッドの巡礼者のサーチ対象になり、上記アヴァシンや各種魂といった爆弾レアへの対策としてもそれなりに有用なので見た目よりは使いどころがあるんじゃないかと。



速い+細い

今回はテーロスの影響か強化オーラが多めになっているので、こいつから殴り始めてオーラで押し込んでそのまま終了って流れは割とあるんじゃないでしょうか。

召集の影響で軽量クリーチャー全体の有用性が増していることも考慮すると、ドラフトにおける重要度は結構高くなると思います。

素の状態でもコストの割に相打ちを取れる範囲が広いのは魅力ですが、《急報》に突撃して死亡という展開にはならないよう注意したいところです。



白プロモ

問答無用で初期地点まで逆戻りという頭の悪さが何とも言えない1枚ですね。

7マナという届くかどうか絶妙な重さも相まって「出せれば勝ち、出せなければ負け」という展開がものすごい確率で発生します。そういう意味でも頭悪いです。



2マナ飛行枠

パワー1というとそれだけで敬遠してしまいがちですが、上記の通りセットに強化オーラが多いため絆魂を活かせる機会が割と多く、意外と侮れない存在だと思います。

こいつ⇒《ヘリオッドの巡礼者》の流れはドラフトにおける定番ムーブになるんではないでしょうか。



使われて初めて自分の生物しかコピーできないって知りましたよ。いくらなんでも弱すぎじゃね?



使われて初めて生物にも飛ばせるって知りましたよ。強いねこれ。



コモン確定除去。

やっぱりコモンにちゃんとした除去がないと、リミテッドのバランスはダメになりますね。テーロス環境の糞さを再認識させてくれる1枚でした。



3択デーモン。

今に始まったことではないですが、プロモに露骨な強弱付けるのやめてもらえませんかね。青プロモとか泣いてるよこれ。

一番楽な選択肢でも8点クロックなので除去れなければ死亡確定です。これ5T目とかホント勘弁。

ちなみに3戦目では5T目これ⇒6T目オブ様と展開されてそのまま蹂躙されました。勝てるかそんなもん。



加速装置

こいつ⇒《シャンダラーの魂》の流れを夢見てたんですが決まりませんでした。まあそううまくはいかないよね。

マナはクリーチャー以外にも使えるので、使い捨てですが意外と汎用性は高いです。2マナ域としては割と強い部類ではないでしょうか。



漂うそらよっ臭

個人的に「思っていたより強かった」カードの1枚です。

除去としてみると、コストの割に範囲が狭い、土台が必要など扱いづらさが目立ちます。一方オーラとして見た場合、2マナでパワー2の修正は及第点であり、火力に変換できるためアドバンテージも失いにくく、本体に飛ばせるので相手に与えるプレッシャーも大きいとなかなかの存在感を見せます。

上記《ヘリオッドの巡礼者》からサーチしてくるなど、オーラならではの使い方ができるのも魅力。赤のコモンとしては上位に入るカードではないかと思います。



お相手したくない(小並)

基本セットの赤コモン、基本スペックが4マナ3/3、条件付きでパワー5など、どことなく《血まみれ角のミノタウルス》を想起させる1枚。

あちらと同じく、ドラフトにおける戦術の核となりうるカードではないでしょうか。タフネス的に相打ちを取られやすいのは不安要素ですが。



こいつが出た試合は2敗1分でした



つよい

2回動かれたら多分負けです。割とうんこ。



おしまい

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • 20:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PWP