<< Enlisted | main | Disposal >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Sealed

 なんつーか、ちょっとしたことはツイッターに書いちゃうのでブログ更新すんのめんどくさい感。

まあでもせっかくのプレリだし、レポじゃないですが一応更新しときます。

同じ店で2回参加。細かいところは覚えてないのでレポは抜きで、引いたレアとリミテの所感について。

まず一回目は赤プロモを選択。デッキは赤黒。

引いたレアは

《エレボスの鞭》
《夜の咆哮獣》

《セテッサの英雄、アンソーザ》
《アクロスの木馬》
《アクロスの巨像》

《殺人王、ティマレット》

最終戦で《ヘリオッドの槍》《ナイレアの弓》《森の女人像》《恭しき狩人》+白プロモとかいう意味不明なデッキと当たって無事死亡。2-1でした。

マリガンミスもあったけど、正直そういう問題じゃなかった。

2位で商品3パックを獲得し、引いたレアは
《波使い》
《白鳥の歌》
《豚の呪い》

波使い引けたのでまずまず。白鳥の歌は正直ゴミだと思ってます。



続けて2回目。プロモは黒を選択し、デッキカラ―は青黒に。

引いたレアは
《万神殿の兵士》
《不死の贈り物》

《メレティスのほら吹き》
《運命の工作員》
《運命の三人組》
《殺人王、ティマレット》


《トリトンの財宝狩り》《運命の工作員》のアドとれる英雄を2枚の《トリトンの戦術》
含む各種スペルでアシストしていく構成

デッキパワーは一回目より低めながら、バウンス含む除去と軽量クリーチャーがそれなりの枚数あって割とまとまった構成。

1−1で土地13枚引いてハゲかけたりもしましたが、《トリトンの戦術》が鬼神過ぎて無事3−0。

2/3バニラのつもりで入れた《メレティスのほら吹き》も思ったより活躍してくれました。主に《航海の終わり》との組み合わせで。

1位で商品5パックを獲得。収穫は
《迷宮の勇者》
《世界を喰らう者、ポルクラノス》
《霧裂きのハイドラ》
《加護のサテュロス》

《荒野の収穫者》

《加護のサテュロス》はかなり強いと思ってます。というか安いのが意外。ハイドラと同じ値段は正直ねーだろ。

以下はリミテッドの所感になります。当てになるかは知らん。


・色のバランスについて
個人的な感触としては、>黒>といった印象でした。いかんせんグリクシスカラーしか使ってないのでアレですが、各色の印象について軽く。

・青
つよい

コモンクリーチャーが白かよと突っ込みたくなるぐらい強いです。《前兆語り》《蒸気の精》《雨雲のナイアード》《先見のキマイラ》《水底の巨人》と軽量からフィニッシャーまで粒揃い。

サポートスペルも、環境最強カウンターこと《無効》、優良バウンス《航海の終わり》《捕海》など充実のラインナップ。アンコモンには緑も真っ青の優秀トリック《トリトンの戦術》まで配備。

確定除去が無いという欠点は他の環境と変わらずですが、他の色の除去がそこまで強くなく、前述の通りスペルが充実しているのでそこまで気にならないでしょう。

・緑
クリーチャーとコンバットトリックの質は相変わらず。《残忍な発動》《蛮族の血気》が両方コモンにあるのはわりとひどい。

また、重要度の高いエンチャント除去が充実しているのもいい感じ。

ただ、全体的に構成がスペルと重量クリーチャーに偏っていて、軽量のクリーチャーが確保しにくいと言う印象を受けました(引きの偏りのせいかもしれないですが)

環境の遅さもあって《旅するサテュロス》あたりの点数が高くなりそう。

・黒
除去色()

確定除去が死んでいる代わりに《エレボスの加護》という謎スペックのコンバットトリックと《骨読み》という強力ドローを手に入れました。

重いマナ域に寄りやすいのは緑同様で、除去がある分生物のクセが強い色、という印象。

信心持ちがどれも割と優秀なので、ドラフトではそこを核にできるかもしれませんね。


生物のラインナップを単独で見ればなかなかですが、青と比べるとどうにも見劣り感が。コモン生物で色の理由になりそうなのは《天馬の乗り手》ぐらいでしょうか?

アンコモンの強い部分についても、英雄的という安定感のないメカニズムに引っ張られているせいで強さの割に振れ幅が大きすぎる印象。

エンチャント除去および、貴重な確定除去である《神聖なる評決》を擁しているのは評価できますが。


白同様、コモンにあんま強いところが見当たらないかなと言うのが正直なところ。

《稲妻の一撃》《双頭のケルベロス》あたりが割と環境にマッチしているので、入るならそこからでしょうか。特に前者は割と必須カードな気がします。


色の所感はこんなもんでしょうか。ドラフトの環境速度がどれぐらいか分からないので、そちらに関してはまだ何とも言えないですが。


・除去が弱い+トリックが強い

軽い除去が基本的にダメージだったりマイナス修正だったり《今わの際》だったりで、授与や怪物化でサイズの上がったクリーチャーに対処するのは非常にしんどいです

一方でコンバットトリックに関しては、本来の得意色である緑と白以外にもその2色と同等かそれ以上のコンバットトリックがあり、授与の存在もあいまってサイズで押し合う展開になりやすいです。

逆に言えば、そういう状況に対処しやすいバウンスが強いというのも青の強さを後押ししていると言えるのかも。


もうちょい書くことあった気もしますが、眠くなってきたのでこの辺で。あぼ


スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • 02:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
環境が遅いから、意外と怪物化できるんだよね。ボロス組んだから、デカいクリーチャーが割りと無理ゲーだったぜ。もうちょっと速いデッキ組めてたら問題なかったんだろうけどね。
  • CF
  • 2013/09/22 10:38 PM
簡単にデカブツが出来上がる割に対処方法少ないからね 速いデッキはキツそうだよね
序盤に試練サイクル貼ってそのまま殴りきるぐらいしか勝ちパターンない気がする
  • ゴミシュラ
  • 2013/09/23 3:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PWP