<< Clash | main | Simic >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


weapons


GTCもでたしプロツアーも終わったし、まあ多少はね?


と思ったけど、なんとなく前回軽く触れたHALOについての更新でもやろうかなーと。

需要なんて知ったこっちゃないですが、結構プレイしてるので武器とかその辺についてつらつらと。


ロードアウト武器(プライマリ)

・アサルトライフル

ある意味ヘイローの象徴にして、本当の意味での初期武器。

前作までは「産廃」「鉄屑」「迫力担当」「人類劣勢の原因」などありとあらゆる罵声をほしいままにしていたが、今回で大出世。近距離ならば主力であるヘッドショット用武器に打ち勝てるようになったため、これを投げ捨てることから戦いが始まっていた前作までとは異なり優先的に使う意味が出てきた。

ロードアウトのフルオート武器は3つあり、どれも近距離に特化した性能となっているが、その中でももっとも威力と射程のバランスが取れており、多少距離が離れても機能する。また、フルオート武器全般の特徴として、細かいエイムが必要ないので非常に扱いやすい。

ただ、ゲーム的にHS武器に負ける距離での交戦の方が圧倒的に多く、おまけにセカンダリの近距離武器が強すぎるのでやっぱり不遇。使うなら上手く距離を詰める立ち回りが要求される。



・ストームライフル

フルオート武器三羽烏のうちの一つ。

前作ではこの枠にプラズマリピーター、プラズマライフル、スパイカーが存在し、揃って産廃扱いを受けていたが、今回は実用品一つにまとめられた。合掌。

全体の傾向としてはアサルトライフルに似た性能だが、より近距離に特化した性能。また、最大の特徴としてオーバーヒート式であることが挙げられる。

オーバーヒート式のためリロードモーションを行う必要がなく、事実上他の行動をしながらリロードを行うことが可能。その分オーバーヒートまでの時間は短く、単体では1人しか相手にできない。そのため、もう一つの武器との使い分けが非常に重要になってくる。

タイマンならスペック的にはロードアウトのフルオート武器の中で最も優秀。オーバーヒートの早さ故適当なエイムでは殺しきれない場合が多く、アサルトほど扱いが簡単ではないことは考慮しておこう。



・サプレッサー
フルオート武器三羽烏のうちの最後。

ストームライフルよりさらに高い火力とおぞましい集弾性を併せ持つ。

火力は折り紙つきだが、その集弾性の悪さと射程の短さたるや、もはやショットガンの一種としてみた方がいいくらいのレベル。

上記二つはバースト撃ちなどを駆使することで中距離ぐらいまでならなんとか運用できるが、こいつに関してはもはやそれでなんとかなるレベルではない。

「こいつじゃなきゃ駄目」という距離があんまない割に扱いにくく、その距離では高確率で後述のボルトガンに喰われるのでぶっちゃけ要らない子。



・DMR
前作から続投。おそらく最強のプライマリ武器。

4種類あるセミオートHS武器の一角だが、最高の命中精度と最少の被弾時ノックバックにより遠距離では圧倒的な性能を持ち、似た性能のバトルライフルとライトライフルより発射レートが一回り早いため近〜中距離でも強く、さらにエイムアシストがかかる距離が圧倒的に長い上に弾の当たり判定もやたらでかいため適当に撃っても当たる。

中距離以遠では一強と言って差し支えない総合性能を持っており、今後の修正候補筆頭。343のお気に入りとしか説明しようがない厨性能。



・バトルライフル
3から復活した、3点バーストが特徴的なHALOの看板武器…なのだが、現状DMRが強すぎてイマイチ影が薄い。

特にこいつは下二つに比べてDMRと差別化できる要素が少なく、カタログスペックでは精度、発射レート、エイムアシスト距離、被弾時ノックバック、マガジン弾数すべての面で負けている。勝っている部分は3点バーストであること(=シールドを貫通してHSできること)しかない。

DMRがおかしいだけで、決してこいつが使えない性能というわけではなく、むしろまともに使えれば強い部類なのだが…。

常に頭を狙い続けることで真価を発揮するので、エイムの練習には向いている。



・ライトライフル
今作から登場したフォアランナー武器にして、セミオートHS武器の一角。

普通に使う分と3点バーストのHS武器であり、やや発射レートの遅くなったバトルライフルといった感じだが、スコープを用いてズームすることで発射モードがバーストから単発に切り替わり、1トリガー当たりの威力が跳ね上がるという特徴を持つ。

通常時もそこまで悪い性能ではなく、近距離でやや弱体化した代わりに遠距離戦がやりやすくなったバトルライフルといった塩梅だが、やはり使うならズーム時の威力の高さを活かしたい。

ズームを1発でも当てることができれば、あとはスコープを解除しても1トリガー早くキルできる為、使いこなせれば非常に強力な武器になりうる。

ただノックバックや精度の関係上、高威力ズームが活きる遠距離でDMRに撃ち負けることが多いのが問題。ぶっちゃけあっちが強すぎるだけなんでさっさと修正しろ343。



・コヴナントカービン
3から復活。ロードアウトのセミオートHS武器なのだが、他の上記3本と比べて明らかに異質な性能を持つ。

圧倒的な発射レートに加え、イマイチな単発威力と精度、そしてロードアウトのセミオートHS武器中最速のキルタイムを誇る。

最速と言うと強そうに思えるが、連射しながらエイムしなければいけないので大変な上、精度の関係上運も絡むため大体理論通りにはいかない。おまけにマガジン弾数がアレなので一人までしか相手にできない。

連射力やマガジン弾数を考えると、イメージ的にはギアーズのハンマーバーストが近いか。あれほど連射力が要求されるわけではないが。



ロードアウト武器(セカンダリ)
・ハンドガン
HALOシリーズにおける皆勤賞武器。1では最強武器、3では産廃、Reachではそれなりとポジションがコロコロ変わる忙しい子。

今回は前作Reachに近い性能。発射レートの高さゆえ近距離ではほとんどのプライマリ武器に撃ち勝て、遠距離戦も申し訳程度にこなせる。

近距離はこれを乱射していれば割と何とかなってしまうため、プライマリのフルオート武器が不遇扱いされる元凶の一つなのだが、下記ボルトガンが強すぎるので影が薄い。修正はよ。

フラッグを持つと、そのときの装備に関わらずどこからともなく(弾数無限で)出現するが、この時のものは通常より威力が強化された特別製。支給はよ。



・ボルトガン

今回新しく登場したフォアランナー武器の一つにして、DMRと並ぶ諸悪の根源。

通常のセミオート射撃ではマガジン全弾打ち込んでもシールドすら禿げない超絶劣化ハンドガンだが、真価はトリガー引きっぱなしで使用できるチャージショット。

直撃ならば即死な上、射程距離はショットガンより長く、チャージ時間も一瞬なのでほぼ無いようなもの。さらに即死射程から多少離れたぐらいではシールドを丸々持って行かれるので、追撃されて死ぬ可能性が高く、実質的な即死射程は極めて長い。

近距離ならこれ一択と言えるほどの異常な強さであり、初期武器でありながら強武器枠であるスキャッターライフル、ソード、ハンマーといった武器にも匹敵する性能。各種フルオート武器もこいつのせいで存在意義を疑問視されている状況であり、今後の修正候補最筆頭。

基本的にはチャージショット専用と考えて差し支えない。セミオート射撃に関しては「一応HSもできる」程度の認識で問題ない。



・プラズマガン
ハンドガンと並ぶ皆勤賞枠。歩兵のシールドを全壊させつつ乗り物を一時的に停止させるチャージショットが最大の特徴。

チャージショットでシールドを剥いでから武器を持ち替えてHSする、いわゆる「noobコンボ」は今作でも健在。通常ショットでも対シールドの攻撃力は極めて高く、HS武器全般との相性は抜群。

ただ、今作は全体的に武器の性能が上がっているため、武器を持ち替えてのHSが間に合わずに返り討ちにされることも多く、またエネルギーの燃費が異常に悪くなったこともあって対歩兵での地位は相対的に低下した。上記2本の強さもあって、対歩兵で積極的に使う意味は薄い。

もちろん対乗り物での安定感は健在なため、BTBでは必須の1本。今作ではこれが初期武器に持てるようになったため、前作まで猛威を振るっていたスコーピオンが動く棺桶と化した。

タクティカルパッケージ「ドライバー」を相手の運転手が装備していた場合、EMPからの復帰が大幅に早くなるため注意。

 

重火器(人類)
・スティッキーデトネーター
本作からの新武器。前作におけるグレラン枠。付着性のグレネード弾頭を射出し、弾頭は再度トリガーを引くか30秒経過で爆発する。

通常のグレネードと比べ、強武器枠だけあって爆破範囲が非常に広い。ちなみに初期はロケランと比較しても遜色ないレベルの即死範囲を持っており正真正銘のマジキチ武器だったが修正された。

依然として非常に強力な武器ではあるのだが、弱体化により発射から起爆までのタイムラグによる小回りの利かなさが致命的になることが多くなり、以前ほどの強さではなくなった。

ちなみに弾頭が付着すると側部のモニターが開き、弾頭を中心としたモーショントラッカーが表示されるため、遠くからでも敵の接近を感知して起爆できる。ただし弾頭は非常に目立つ上にクッソでかい警告音を常時発信しているので罠としてはあんまり使えない。直接敵の足元に放り込む使い方をメインで運用するべき。

Capture The Flagでは自軍のフラッグに刺しておくことにより、非常に強力なディフェンス手段として機能する。味方を巻き込まないように注意。



・ショットガン
皆勤武器の一角にして、ハンドガンと並ぶ初代の公認チート枠。至近距離で当てれば即死の近距離特化武器。

今作ではデフォルトで配置されているマップがほとんどなく、近距離でしか使えないこれを支援要請で積極的に選択する意味も薄いため出番が少ない。初期武器にお手軽近距離即死のボルトガンが選択できるとあっては尚更

性能自体は前作から大きく強化されているにも関わらずトップクラスの不遇武器という悲しい立場。ボルトガンの弱体化と配置マップの追加に期待しましょう。

一応スキャッターやニードラーよりマシな局面は多々あるので、支援要請としての出番がないわけではない。でも大体SAWやダメージブーストに持ってかれる。不遇。

Floodモードでは、今回Floodにシールドが追加されたことによりHSキルが取りにくくなったため、こいつがメインの武器となる。



・スナイパーライフル
シリーズ伝統の対戦における鬼武器。

2段階ズーム可能な高倍率スコープを持ち、HSならば歩兵を一撃で葬れる上にマガジン弾数4発と遠距離においては圧倒的な性能。さらにReachで大幅に強化された対乗り物性能は今作でも健在。

対歩兵ではビームライフルと新武器のバイナリ―ライフルが強すぎるため、それらの後塵を拝している感は否めないが、こちらも十分マジキチ性能なので支援要請で出たら当たりと考えて間違いない。凄腕スパルタンの手に渡れば戦局を一変させる程度の力はある。

また対乗り物性能は全武器の中でもトップクラスで、その点では上記2本にも勝る。

非スコープ時にはエイムアシストがかからないため、近距離での運用にはかなりのエイム能力が必要とされる。無理はせず、もう一つの武器との使い分けを常に視野に入れながら運用していこう。



・ロケットランチャー

つよい

相手の足元に撃つ→相手は死ぬ

即死範囲が極めて広いので適当に撃っても大体即死が取れる上、奇跡的に即死を避けてもマガジン弾数2発なので追撃されて死ぬ。

近距離の歩兵戦では無敵に近い性能を持ち、正面から渡り合って勝つことはほぼ不可能。逆に言えば、出現することが分かっているマップでは最優先で確保するよう立ち回るべき。

もっとも今作では武器がランダム湧きなので、もはや存在が交通事故。固定湧きプレイリストはよ。

ジェットパックは無理だ諦めろ。



・SAW
今作の新武器にして、HALOシリーズ最強のフルオート武器。

端的に言うならば「超ものすごいアサルトライフル」。近距離でまともに喰らうと一瞬で昇天させられ、中距離でもHSライフルと渡りあえるレベルの威力と精度を持つ。

その対シールド、対体力問わない圧倒的な火力から、プラズマ武器の存在意義への疑問を(背景設定的な意味で)投げかける問題児。

近距離では初期武器で渡り合うのは困難な性能を持ち、支援要請では結構な確率で出現するため、ある意味ロケラン以上の交通事故要因。

中距離以遠ならそこまで圧倒的な性能ではないため、派手な被弾エフェクトに惑わされず落ち着いて対処しよう。



・レールガン
本作の新武器。超電磁砲。チャージショット専用で、爆発性のある弾丸を高速で射出する。

歩兵ならば問答無用で即死の威力を持ち、射程も弾速もそれなりとかなり強力な武器。弾速が速いので簡単に直撃させられる上、チャージ時間もボルトガンよりわずかに長い程度なので扱いもさほど難しくない。早い話が射程無限のボルトガン。

爆発物としては攻撃範囲が狭く対乗り物攻撃力も低め、それでいて単発なので基本的には歩兵戦での1対1に特化した武器。

乗り物相手にも使えないことはないが、強武器としては少なめな弾数を考慮するとやや厳しいか。



・スパルタンレーザー

おなじみの対乗り物最終兵器。チャージの後、5本の貫通レーザーを収束させて発射する。

直撃時の威力は対歩兵、対乗り物問わずゲーム中最高クラス。歩兵ならば即死で小型の乗り物なら大破、大型の乗り物でも致命的なダメージ。

レールガンやボルトガンとは異なり、最大チャージでしか発射できない。今回はチャージ時間が大幅に伸びたため、ほぼ対乗り物専用の武器になった。あらゆる乗り物に対して有効なため、乗り物のあるルール、マップでは優先的に確保すべき武器。

発射の直前に照準を動かすと、レーザーが5本すべて当たらなくなりダメージが落ちる。またチャージ中はレーザーサイトが照射されるため、位置を特定されやすい。



重火器(コヴナント)

・ニードラー
前作ではDMRと似たり寄ったりな立場だったが、今作では強武器枠に昇格。追尾性能を備えた針を連射し、7発命中すると即死威力の爆発(スーパーコンバイン)を誘発する。

今作では、シールドを剥がないと爆発しないReach仕様から3以前のシールド無関係に爆発する仕様に戻った。

前作から追尾性能は若干落とされたものの、弾速は大幅に上昇。仕様が戻されたことも相まってキルタイムは非常に早く、また対応距離もReachの時より広くなっている。

敵かがすぐに遮蔽物に隠れられる状況だとキルまで持っていけない可能性が高く、またスラスターやシールドといったアビリティでも対策可能なため、基本的には不意打ちに向いた武器。

カタログスペックは非常に強力なのだが、キルの確実性は強武器としては低く、燃費も非常に悪いため補給物資におけるハズレの代表格として扱われる。



・コンカッションライフル

前作からの続投。爆発性のある小弾頭を連射する。

爆発の見た目よりはるかに広い攻撃範囲と、直撃3発でキルというスペックは前作同様。

前作でも強武器というほどの扱いではなかった上、今作は他の武器の性能が全体的に上昇しているにも関わらず、こいつはほとんどそのままの性能なのでかなり置いてきぼり気味。

それでいて支援要請に強武器枠として出てくるんだからやってられない。基本的に呼ばれることもなく、配置武器としてもあまり出現しないのでかなり救いようのない扱い。

ダメージブーストと組み合わさると殺戮兵器と化すが、めったに揃わない上にぶっちゃけ揃う前提ならSAWの方が強い。



・エナジーソード

即死威力の近接攻撃を繰り出せる、シリーズ伝統の近接武器。

今作では武器の全体的な威力上昇、ボルトガンの追加、突きの射程短縮など様々な要素が重なり弱体化。前作ほどの脅威ではなくなった。

下記ハンマー同様、スプリント時に被弾しても移動速度が低下しないという特徴があるので、うまく使って相手との距離を詰めていきたい。

積極的に呼ぶような性能ではないので出番は少ないが、ハンマーと違ってデフォルト配置のステージが多いのは救い



・グラビティハンマー

3から追加された、ソードと対をなす近接武器。

ソードと比較すると、突きが使用できないため即死射程が短い反面、使用時に衝撃波が発生するため、攻撃範囲自体は広い。

ソードと同様の理由で大きく弱体化されており、こっちはデフォルト配置のステージが少ないためかなり不遇な感がある。

グリフボールでは主役。というかそれ以外に存在意義がない。



・ロッドガン
コヴナント版ロケットランチャー。人類のものに比べて単発の威力と範囲では劣るが、マガジン弾数が5発と非常に多いのが魅力。

その分攻撃範囲、威力ともに控えめで、直撃させなければまず即死は取れない。近距離における謎跳弾も健在。

幸い今作では弾速が大幅に上昇しており、近距離ならば簡単に直撃が狙える。弾をケチらなければ撃ち負けることはほぼ無いので、なんだかんだ強力な武器。

弾数の多さゆえ、潜在的なキル可能数は全武器でも最高クラス。乗り物相手にはやや控えめな威力であり、歩兵相手でも直撃を狙える距離でないと扱いにくいため、ある程度近距離用の武器と割り切った運用が求められる。



・ビームライフル
3から復活、エネルギー式のコヴナント版スナイパーライフル。

キャンペーンにおいては、高難易度の即死スナイパー枠をバイナリーライフルに持っていかれたため、2や3ほどの脅威ではなくなった。

半面対戦では、スナイパーライフルを鼻で笑うレベルの狂武器。スナイパーライフルと違って非スコープ時にも強力なエイムアシストがかかり、スコープを覗いたときの補正もスナイパーより遥かに強力なため、遠距離近距離問わずスキがない。

それでいてHS即死という威力はスナイパーと同等、連射速度もスナイパーより遥かに速い。
有効射程が短いランチャー系とは違い、どの距離からでもエイム力無関係のほぼ必中即死攻撃が飛んでくるため、まともに対抗するのはまず不可能。

スコープを覗いているときに近付いて不意打ちするか、数の暴力で押し切るぐらいしか対抗手段はないが、前述の通り近距離でも強く、2~3人程度ならまとめて返り討ちにできるスペックを持つためそれすらも確実でない。

基本的には、爆発性のない武器はすべてこれの下位互換と考えて差し支えない。乗り物への効果がほぼ無いのが唯一の欠点だが、対歩兵性能が圧倒的すぎるため大した問題ではない。



重火器(プロメシアン)
・スキャッターライフル
プロメシアン製ショットガン。跳弾する弾を6発まとめて発射する。

集弾性はサプレッサー同様おぞましいレベルのため、即死射程は極めて短い。その分弾の飛距離自体はショットガンよりはるかに長く、射程自体は割と長い。

連射速度が非常に速いため、基本的には連射でキルを取っていく武器。単発の即死は殴りの射程ですら確実ではないので、弾をケチらずにガンガン乱射していこう。

一応跳弾するが、はっきり言って活用できるようなものではない。試合終了後の自爆手段以外に使われることはまずない。



・バイナリーライフル
プロメシアン製スナイパー。当たった敵を問答無用でデータ化する。

最大の特徴はそのぶっ飛んだ威力。体のどこに当てようと、歩兵ならば問答無用で即死。

その分、スコープを覗くと狙ってくださいと言わんばかりの超極太レーザーサイトが照射される上、スコープを覗かないとアシスト以前にそもそもまっすぐ飛ばない。

リスクは大きいが、狙われている状態でも体に当てるのは大して難しくないので、かなり強力な武器。レーザーサイトが見えた場合、正面から打ち合うのは無謀。

一応近距離においては、非スコープでショットガン的な使い方も可能だが、アシストがかからないので割と難しい。



・インシニレートキャノン

プロメシアン製ロケットランチャー。即死範囲を伴う弾頭を高速で射出、弾頭は着弾後に5発の小弾頭をばらまく。

ロッドガンやロケットランチャーと異なり単発リロード式だが、その分一発当たりの性能では威力、弾速、攻撃範囲すべての面で上記2本を凌駕する。

特に弾速は頭一つ抜けており、小弾頭による追撃も合わせてシールドやスラスターといったアビリティによる対処を困難にしている。

また威力に関してもスパルタンレーザーを凌駕しており、作中武器で最高の威力。対乗り物武器としてもかなり高性能。

総じて、キルの確実性は全武器の中でも最高クラス。また単発だがリロード速度自体はランチャー系の中で最も早く、複数の敵を相手にすることも難しくない。ビームライフルと双璧をなす最強武器。



なんでギアーズの発売も近いのにこんな更新してるんだろうね?知らん

というわけであぼしゃん

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • 15:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PWP