<< Cycle | main | weapons >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Clash

これまでにないぐらい長期間放置したことだし、いい加減に更新しますかね。

結構GTCには使いたいカードもあることですし。

ほんとはもうちょい早くHALOについての更新をやろうかとも思いましたが、まあそれはまたの機会。



いきなりコモンでさーせん。

効果は《睡眠》の単体版といったところ。コモンらしく地味っちゃ地味なんですが、暗号のおかげで青タイタンばりに機能する可能性があるのが強み。

そこまではいかなくとも、ブロッカータップ→攻撃通して追加で一体タップとやるだけでもダメージレースにかなり大きな影響を与えられそうですし、構築でも普通に使われうるんじゃないかと。

なかなか暗号という能力自体とよくかみ合ったいいデザインだと思いますね。

トラフトの攻撃をこれで通されたら割とハゲる。





小型《ニルカーナの亡霊》

あっちと違ってシェイド能力はないですが、別の形で増えたマナを生かせる能力持ち。

この手のカートは総じてクセが強いデザインになりがちですが、こいつは珍しくただ強感を漂わせるデザインとなっております。

ショックランドの存在や、《グリセルブランド》のような大物の存在も追い風ですし、割と簡単にデッキが組めそうな感じ。

X点ドレインが環境にないのがちょっと不満な部分ではありますが。

リアニのようなデッキに素出し要員として放り込んでみても面白いかも。




リソース削り。

これも上の《束縛の手》同様、暗号であることがよく活かされたデザインですね。

最初は6マナとしては小さい効果ですが、通るごとに相手のリソースは減っていき、最終的にはハメパターンになります。

それでなくても、唱えたターンに通せればとりあえずリソースを4枚削れるので、そこまで悪いカードじゃないかなと。

個人的には《狂気堕ち》と組み合わせて相手をすっからかんにするデッキでも組んでみたいですね。たぶんクソ弱いけど。

《未練ある魂》当たりでアド取りつつ攻撃通していけばワンチャンなくもないような。





最近のトレンド、速攻付与。

自身ががクリーチャーであり、かつ全体への付与が可能というと《稲妻のやっかいもの》《熱情》のいいとこどりに思えますが、その分デメリット付き。

こいつ自身3マナ2/2速攻ということを考えると、全体への速攻付与としては史上もっとも軽いカードといっても過言ではないので、いろいろと可能性を感じます。

上記やっかいものと組み合わせて速攻に命を懸けたデッキを組むもよし。

現環境では4マナ以上にデフォルト速攻持ちが多いので出番には恵まれないかもしれませんが、前環境でいう《刃砦の英雄》のような奴が出れば使われることもあるでしょう。

むしろ《群衆の親分、クレンコ》と合わせて使ってみるか。

デメリットは正直気にしたら負けだと思います。





つよい

とりあえず、《苛立たしい小悪魔》と4枚ずつ入れるとこまでは考えたので、あとはだれか頼んだ。

あえて欠点を述べるなら、単体では場に触れないところと、各効果が有効な場面がかぶりやすく汎用性がそこまで高くないってところでしょうか。

まあ、全体除去を躱せる4点火力の時点でそんなことはどうでもいいでしょうが。





つよい

ていうかあたまおかしい

ビート相手には分割火力、コントロール相手には全体除去遅延

正直これが何考えてデザインされたのか分かんないだけど

提案した奴はバスに轢かれて死んで、どうぞ





ボーライが1マナ増えておまけがついた

ちょっと向いてる方向がずれてる気がすんのが気になるところですが、まあ強いには違いない。

《地獄乗り》が偉大過ぎることを考えると使われるかは正直怪しいですが、ライフレースへの影響力がやばいので選択肢としては十分でしょう。

でもまあ、ビートダウンなら地獄乗り安定ですかね。

ビートの地獄乗り相手だと、歩く火力の武器である瞬間の爆発力でも負けかねないですし、まあ対抗するのは厳しいか。

上のボロチャ4小悪魔4にこいつも4枚追加しときますかね。





つよい

まあボロチャほどのただ強感はないですが、バウンスに《巨大化》とピン除去カウンターがついてきたと考えれば十分か。

とりあえず個人的に組みたいデッキ(世紀の実験ではない)にはよくかみ合いそうなのでうれしいカード。

バントコンだと他2枚の魔除けが偉大すぎるのでこいつの出る幕はないでしょうが、青緑を含むビート寄りのデッキが出てくれば使われることもあるでしょう。



今回はここまで

注目度とかは一切考えず、使いたいカードに絞ってレビューしてみました(某憤怒除く)

全体的に当たりが神話によっていて値段的にはしょっぱい感じがしなくもないですが、個人的に使いたいカードが多いので割と楽しみです。

というわけでここらであbウラギリダァ
 

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • 20:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PWP