<< Dracogenius | main | Clash >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Cycle

 ブログはオワコン

さあ更新するか

・らぶにか
なんかレビューする流れっぽいので、 まあ適当にやっていきますかね。

今回は大きくアレンジされたこちらのサイクル。



5位

セレズニアが5位。

2マナ2/2というのはビート向けのスペックなわけでこの色的には扱いやすいはずなんですが、ちょっと能力が機能するのが遅すぎるんではないかという判断でこの順位となりました。

1枚で勝てる能力なのは評価できますが、6マナの能力+単体で仕事しない能力の組み合わせを当てにして入れるのは正直しんどそう。

この色でコントロール寄りに組めるならば使えないことはなさそうですが、そういうデッキでは基本スペックの高さを生かすのがしんどそうですし、まあ使われることはないんじゃないですかね。

リミテでは他同様鬼ですが。




4位

Scott氏のイラストが印象的なイゼットメイジ。

ちなみに《工匠の神童、ミシュラ》や《ボガーダンのヘルカイト》と同じ方です。

こっちも上と同様、スペックの割に能力がコントロール向けというのが大きなマイナスポイント。

コピー能力のほうはビートでもそれなりに役に立ちそうですが、やっぱり重さがネック。

前作と違ってマナコストの制限が外れているのはいいですがその分重くなっているので、ビートで使おうとするならぶっちゃけ前作のほうが強そう。

こいつを核にしたデッキが組めればってとこでしょうか。いずれにせよコピー能力をどこまで活かせるかですね。




3位

さすがに今回はモミールのチート要員ではない。

ですが、基本スペックの高さ+終盤でもデカブツを封じられる能力という骨格は一緒です。

また、割とデッキに組み込みやすい回避能力付与カードなんで、シナジー面でもなかなか期待できます。なんかいいクリーチャー居たかは知りませんけど。


2番目の能力は前作よりかなり重くなったことにより複数回起動が困難になってますが、PWを封じられるのはかなり大きな強化。まあ一長一短ってとこですかね。

1番目の能力は決め手にしやすいですが、テンポ的に序盤から起動していくのは(それこそ前述したようにシナジーするクリーチャーがいなければ)しんどいと思われます。基本は終盤の決め手用で、必要に応じて起動って感じになるでしょうか。


総じて対コントロールに向いたカードだと思います。PWやクリーチャーといったパーマネントによる受け手をかなり制限できるので、打点以上のプレッシャーをかけることができそう。

ビートに対してはまあそれなりってとこでしょうか。上2枚と同様、能力が機能しだすのが割と遅いのはきついですが、なんだかんだで万能な2番目があるのは大きい。




2位

ゾンビじゃないのがちと残念。

1位とも共通しますが、高評価の要因は何と言っても「能力がブラフとして機能する」と言う点。

こいつの場合、1番目の能力は起動せずとも相手のブロックを強力に制限してくれます。

そしてブロックを渋った相手には2番目の能力。劇的な効果を発揮するのは終盤になるでしょうが、1番目の能力と噛み合いっぷりはすばらしい。

欠点というと1番目の能力が能動的に起動できない点ですが、まあさすがにそれはしゃーない。

ゾンビなど既存のものも含め、赤黒のビートダウン全般に問題なく投入できるスペックだと思います。




1位

プレビューのトップバッターが1位。

まず1番目ですが、2位と同様に強烈なブラフとなる能力。

それでいてデカブツと簡単に相打ちでき、打点自体も上がるとなればまあ弱いわけはないでしょう。

2位と比べると、インスタントのトリックですかされやすいというのはやや不安要素でしょうか。

そしてもう一つの能力、クリーチャーを苗木に変換。

構えておくだけで除去体制になるだけでなく、高タフネスのクリーチャーやPIG持ちと組み合わせることで能動的にアドバンテージも取れる強烈な能力。

今なら不死との相性もいいですし、単純な強さ的にも応用の幅広さ的にも文句なし。

コストは軽くはないですが、まあ構えられるぎりぎりの重さといったところ。

前述の不死と組み合わせるなどで能動的に打てるデッキ構成にしておけば、構えたけど打てずにテンポロスといったことにもそうはならんでしょう。

どっちの能力も割とただつよ臭がするんで、これも問題なく採用できそう。

となるとゾンビじゃないのが残念…だけど1位と2位はゾンビにしたらさすがにあかんか。


・MA
ついったにも書いたけどなんかすごい末期臭。

今出てる妖精が出現期間5日で2体同時+遭遇率激絞りというコンプさせる気がまるで感じられない仕様なんですが、これはトレードの実装フラグと見ていいんでしょうか。

まあHALO4までにトレードが来なかったら引退かな。流れ次第ではもっと早く辞めるかもしんないですが。

最近はパズドラの方にはまりつつあるのでこっちは正直切りたい。あっちとはゲームとしての出来が根本的に違いすぎるし。

というかもうこっちは収集欲すら湧かなくなりつつある。


・パズドラ
詳しく紹介しようと思ったけど疲れたので今回はパスで。

まー割とメジャーみたいなんで既に職人さんあたりは知ってるかもですね

というわけであぼしゃん!

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • 18:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ゴルガリの能力を接死と間違えてね?
威嚇だよ。

俺も今日のレビューはメイジにしようかな。
  • CF
  • 2012/10/02 7:27 PM
うわ本当だ

まあPT修正あるから評価の大筋は変わらんかな
むしろ上がるまである
  • ゴミシュラ
  • 2012/10/02 8:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PWP