<< Arrangement | main | Reboot >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Entomb

滋賀寒すぎワロエナイ

 いやーずいぶん放置したもんだね。

自分でもびっくりするぐらい更新意欲が湧かなくなってましたが、ゼミの発表も終わってひと段落ついたので更新。

ネタはいろいろとありますが、まあさっさとリレビューを終わらせるところから始めましょうかね。

お題は墓地利用デッキということで、それでは早速。


 第5位

ロマン枠。

いわゆる「高まるサイクル」の一員ですが、こいつが他と違うのは「墓地から唱える方が確実にマナ効率がいい」ということ。

つまり、他のカードも駆使して積極的に墓地を肥やすようなデッキによくかみ合うってことですね。

でもこれを1番うまく使えるのってFBデッキでしょうし、現時点でそのデッキが影も形も見えないことを考えるとノーチャンな気もします。

ライブラリーアウトは環境に合わなさ過ぎですしね…。




第4位

あどばんてーじ

個人的にはアラーラの《ガルガンチュアンの贈り物》を思い出します。

使い勝手も似てるような気がします。使ったことないから知らないけど。

かなりクリーチャーで固めたデッキでないと使えませんが、アドバンテージの取り方が非常に強いので、その価値は十分にあるかと。

FBのおかげで、こいつが墓地に落ちても問題ないってのもグッド。




第3位

頭おかしい。

あんま墓地利用って感じがしないから入れたくなかったんですが、強すぎるのでしゃあない。

こいつリミテで出ると色のバランス崩壊するんでできればお目にかかりたくないです。

《ロクソドンの戦槌》程じゃないにしても、9点オーバークラスのカードがアンコっておかしいでしょう?

こいつと悩んでいいレベルのレアが何枚あるんだか。




第2位

上位互換

まあ青の1マナインスタント+キャントリップの時点で弱いわけがありゃせんな。

瞬唱や思案など、青の定番カードとの相性がいいのも評価ポイント。

1マナなので効果の規模が小さく、墓地肥しにはそこまで期待はできないですが、まあそれを言っちゃうのは酷ってもんでしょう。

上記2枚と合わせてコントロールなんかに突っ込んでもそれなりに仕事してくれそうな気がします。




第1位

赤研究。

軽い+FB付き+捨てるカード選択可=役満。

ディスアドがきついってのはまあ事実ですが、墓地利用する気なら問題にはならんでしょう。

大抵1体1交換の取りにくい、アドバンテージ的にきついカードってのは、序盤にうっかり複数引いてしまうと大抵そのまま頓死するので、基本的に余り枚数を入れたくないものです。

が、こいつは2枚引いても1枚でもう1枚を捨てればいいだけなので大した問題にはなりません。

もちろん、アド無視して墓地を肥やしたいハンドなら軽さを活かして連打するのもよし。

赤がタダツヨの墓地利用に割と恵まれてるのもいい感じ。ラヴァマンとかチャンフェニとか。



というわけで今回のレビュー終了。次回更新は何時になるやら。

スポンサーサイト

  • 2016.05.16 Monday
  • -
  • 22:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PWP